ちょっといいとこみてみたい。 境界線上のホライゾンNEXT BOX / 川上 稔【著】

境界線上のホライゾンNEXT BOX / 川上 稔【著】

ちょっといいとこみてみたい

今日は友人と遊んで歩いて笑いころげて 無茶苦茶に楽しかった。 久しぶりに心の底から楽だった。 でもひとりになって思うのは昨日の先輩たちとのいざこざ。 オイラ含め6人 対 先輩数人 別に何か文句をたれて所謂喧嘩になったわけじゃないのだけど、オイラたちは悪くないのに、 結局真実がどうであれ オイラたちが悪いらしい。 悪者になるよ、ならせたきゃあさ。 でも せめてオイラたちにそんなことをさせた 自分たちの愚かさをうれいてくれ。 オイラなら絶対に後輩にそんな気持ち抱かせない。 ものすごく信頼してたのかと言われたら分からない。 けど、人として好きだった。 でも冷めた。 冷めましたよーオイラは。 時が解決してくれますか? くれませんね。 オイラは根に持つタイプや!!!

次の

ちょっといいとこみてみたい

ちょっといいとこみてみたい

表紙を飾るのはグリードアイランドのゲームマスター・レイザー。 幽遊白書のグルメ・巻原と目元が似ている。 冒頭では、モタリケがボマー達に捕まっているシーンがある。 モタリケは、彼らに促されて、5%の確率で大きな不幸(死ぬことが多い)が起きるアイテム・リスキーダイスを振らされていた。 グリードアイランド編ではサブ、バラ、ゲンスルーの飲み会スキルの高さが随所に出てくる。 トークスキル、スキンシップの慣れ具合、ファーストインプレッション。 どれか一つでも欠けていれば、相手に距離を取られて能力の発動は困難となる。 ターゲットが女性であった場合は、スキンシップの面を考えるとさらに難易度が上がる。 やりすぎればセクハラ扱いされて逃げられるし、少しでも躊躇してしまえば童貞感が出てなめられてしまう。 しかし、ゲンスルーは16巻時点で3人の女性にボディタッチをしている(15巻p63のボンバーヘッドのふくよかな人、16巻に出てくるアスタ、セドカンにそっくりな人)。 異性と話しているシーンは出てこないものの、女性慣れしているのが分かる。

次の

「HUNTER×HUNTER」16巻。飲み会のノリで人を殺すボマーたち

ちょっといいとこみてみたい

表紙を飾るのはグリードアイランドのゲームマスター・レイザー。 幽遊白書のグルメ・巻原と目元が似ている。 冒頭では、モタリケがボマー達に捕まっているシーンがある。 モタリケは、彼らに促されて、5%の確率で大きな不幸(死ぬことが多い)が起きるアイテム・リスキーダイスを振らされていた。 グリードアイランド編ではサブ、バラ、ゲンスルーの飲み会スキルの高さが随所に出てくる。 トークスキル、スキンシップの慣れ具合、ファーストインプレッション。 どれか一つでも欠けていれば、相手に距離を取られて能力の発動は困難となる。 ターゲットが女性であった場合は、スキンシップの面を考えるとさらに難易度が上がる。 やりすぎればセクハラ扱いされて逃げられるし、少しでも躊躇してしまえば童貞感が出てなめられてしまう。 しかし、ゲンスルーは16巻時点で3人の女性にボディタッチをしている(15巻p63のボンバーヘッドのふくよかな人、16巻に出てくるアスタ、セドカンにそっくりな人)。 異性と話しているシーンは出てこないものの、女性慣れしているのが分かる。

次の