カオナシ 正体。 カオナシの意味や正体とは?セリフを一覧まとめ!モデルや声優も調査!

続・絶対に明かしてはいけない天皇家の正体 世界が騙された/(緊急)人類滅亡 そこちょっとつんつく

カオナシ 正体

goodfon. 今回は私の大好きな映画「千と千尋の神隠し」からスピリチュアリティについて考察してみました。 スピリチュアルペインとは、たましいの痛み、たましいの苦悩という意味です。 ターミナルケアや遺族会などケアの現場でも、 「どうしてこのような目に遭うのか」 「どうしてあの子(あの人)が亡くならなければならなかったのか」 「なんで私にこんな不幸が襲いかかったのか」 「死んだら自分の存在はどうなるのか」 「生きている意味を知りたい」 「私という存在は一体なにものなのか」 「神様や仏様といった存在は本当にいるのか」 など、調べても答えの見つからない問い、答えは自分で見つけるしかない問い、もしくは答えは見つからないままなのかもしれない問を抱えます。 こうした問いがスピリチュアルペインです。 宮崎駿監督、高畑勲監督が作るジブリ映画も私たちのスピリチュアリティに働きかける作品ばかりで、 「生きる」ということを改めて考えさせられるような、それでいて子どもでも入り込んで楽しめるものばかりです。 千と千尋の神隠しも主人公の千尋は作品冒頭ではやる気のなさそうな、無気力でぐずぐずした態度が目立ちましたが、異次元世界で成長し、まさに「生きる力」が引き出される。 「スピリチュアル」なものが散りばめられているジブリ映画ですが、同時に「地に足がつく感覚」「生きること」を強く意識させてくれます。 ネタバレ注意です。 カオナシというキャラクターの特徴 白のお面をつけていて顔の表情が見えない 自分の姿を消すことができる 黒のマントを着ているように見えるが、あれがそのまま身体なのかもしれない(物を食べるシーンで口が現れるため) 自分からは言葉を発さない。 「あ、あ」という声のみ 他者を飲み込み、その人の声で話す 食べたものの影響か身体が巨大化する カオナシの感情にお面の表情が反応しているように見える 名前からも「顔がない」という意味から、自分が何者かわからない。 アイデンティティクライシスそのものを表している印象です。 だから他者を飲み込み、他者の声を利用して言いたいことを言い、やりたい放題やる。 自分が乗っ取られたようになってしまいます。 物語の中でカオナシが登場する場面 千と千尋の神隠しの中で最初にカオナシが登場する場面は、湯屋の入り口の前の橋の上です。 八百万の神様たちが船をおりて橋を渡って湯屋に向かっているところを、ハクが千を連れて歩いている場面です。 カオナシは湯屋に向かうのではなく、橋の上に立っていました。 下半身は消えているように見えます。 その後、千が湯屋に招き入れますが、結局神様の疲れを癒す「湯屋」を嘔吐物まみれにしてしまいます。 その後千と一緒に電車に乗り、海の上を「沼の底」駅まで共にします。 最後は銭婆の家が居場所となります。 カオナシは湯屋に入れない 湯婆婆が言うには湯屋というのは八百万の神様が疲れを癒しにくる場所ということです。 神様たちは普段私たちの住む世界で神様として働き、その疲れを湯婆婆やハクのいる異次元の世界の湯屋で癒すのです。 色々な種類の神様がいますが、ひよこの神様はひよことして生まれなかった卵の神様ともいわれています。 八百万の神様たちは私たちのいる世界で何等かの役割を担っているということになります。 カオナシは神様ではないので、仕事という意味での役割はありません。 また、湯屋で働く従業員というわけでもありません。 千が湯屋の外に出た際に何度か姿を見せていますが 神様ではないので湯屋の入り口から入ることはなく、雨が降った時に千がカオナシに気がついて 窓を開けておき、そこから湯屋に入ったようです。 湯婆婆は「雨に紛れてろくでもないものが紛れ込んだかな」と気が付きましたが、その正体はわかりませんでした。 カオナシの心情の変化 橋の上に立っていた時、カオナシのことを気に留める人(キャラクター)はいません。 物語が進み、カオナシの存在に最初に気がつくのは千です。 カオナシの抱えるスピリチュアルペイン、心の痛み、心情を挙げてみますと• 自分のことに関心を持ってくれた千尋に興味を持っている。 存在に気が付いてもらって嬉しい• 誰からも関心を持ってもらえない、孤独• 主体性がない• 自分を必要としてほしい• 千に番台にある薬湯の「札」を渡して喜んでもらって嬉しいという体験をする• 「いらない」と断られると「否定された」かのように消える• 必要とされるためには「金(結局はにせもの)」を使い、人の心を操る• 自分以外の存在を飲み込み、その声を使って話す。 神様へのお供えである食べ物を食べ続けるという欲望に翻弄され、次から次へと欲望を満たそうとするが決して満たされない• 元はいのちであった食べ物を、まさに「食い散らかす」という行為からいのちへの畏敬の念がないように思える• 千を食べることで「満たされる」という期待が見て取れる• 自分の抱える痛みを直視したくない• 自分も誰かに必要とされたい。 居場所が欲しい 身体の中に3人飲み込み、神様のお供えをむさぼり続ける中、千はカオナシに最も見たくない自身の内面に直面させるような言葉を投げかけます。 「あなたはどこから来たの」 「私がほしいものはあなたには絶対出せない」 「お父さんとお母さん、いるんでしょ?」 カオナシは他の者がそうであるように、千を金で釣ろうとしますが、本質を見抜く目を取り戻した千には通用しません。 「さみしい、さみしい~」という中の人の声を通したカオナシの言葉。 その後、川の神様にもらっニガ団子を口にし、嘔吐するという「カタルシス」。 欲望をコントロールできずに自分の中にため込み、それを吐き出すことで「浄化」され、狂暴さも無くなる。 すっかり「素直」になったカオナシは銭婆の所に行く千の後を追い、一緒に向かう。 落ち着いた心境。 電車には 「中道」の表示板。 電車に乗っている、千とカオナシはそれぞれ思うことは違えど、同じ時を共にします。 銭婆のところでは他の仲間と一緒に糸を紡ぎ、誰かの役に立つという喜びを感じたのではないか。 最後、銭婆のところに残ることになった。 「お前はここに残って私の手助けをしな。 」という銭婆の言葉に嬉しそうなカオナシ。 物語の前半も後半も、カオナシのたたずまいは「静か」なのですが、前半はどこか不気味、後半は悪いものが浄化された「すっきり」感があります。 そして銭婆から必要とされ、居場所を与えられることのうれしさ、ありがたさ、安心感を感じ取ることができます。 カオナシが象徴する現代人の苦しみ、スピリチュアルペイン 私たちもカオナシと同じような痛みを心の中に抱えているかもしれません。 自覚はできなくとも、スピリチュアルペインを抱えていて、大病や災害など大きな出来事を体験した際にそれが浮き彫りになるということがあります。 大きな出来事でなくても、日常的に「生きづらさ」を抱えている状態というのも、スピリチュアルペインの存在に気が付く契機になります。 普段、自分の欲望を満たすことばかりに気を取られ、いろいろな物を買ったり、どこかに行ったりするけれども、本当の意味で満たされることがない。 八百万の神様みたいに自分には誰かほかの人みたいに、人から喜ばれるようなこともできないし、そんな自分に誰も関心を持ってくれない。 人の輪に入りたくても自分から入れない。 誰か別の者を飲み込むというのは、 他人の持っている価値観を取り込んで、他人から必要とされるために、自分にないものを求めて頑張って頑張って努力することなのかもしれない。 素の自分からどんどん遠ざかるので、巨大化したカオナシのように理想像ばかりが巨大化してしまい、結果しんどくなるのかもしれない。 周囲の期待に応えることと、自分の欲望を満たすことが「幸せ」なのだと勘違いし、空回り。 うつ病や適応障害の根っこにはこういう心理があるのかもしれません。 自分の内面を直視するのが怖い。 仮面をつけてただなんとなく生きていく。 周りや社会の声に従い、自分の声は聞かずに、本当の気持ちを直視することを避けている。 さんざん暴れ、さんざん苦しんだ挙句、余計なものがそぎ落とされ、素の自分に戻る。 自分の居場所が見つかる。 必要としてくれる人に出会える。 それはもしかしたら 何気ない日常の中にあるのかもしれない。 電車の表示板「中道」のように、人生も「中道」を行くのがいいのかもしれない。 千と千尋の神隠しの「カオナシ」について独自の解釈ですが述べてみました。 宮崎駿監督は、作品のインスピレーションを得るには自分を追い詰めて個人的無意識を超えた集合的無意識のレベルまで掘り下げるというようなことをおっしゃっていました。 人の心を打つ作品を作る理由はそういうところなのかもしれません。 天につながった才能、「天才」ですね。 サイト内関連記事はこちら >>>> >>>> >>>> DVDです。 amazonサイト Blu-rayです。 人間はみな生まれてきた意味がある!?使命が視えたけどそれって信じていいの? 生きる意味を探求する中、持って生まれた個性を生かし、無理なく自然にできること、心に響くことをやるだけで人生うまくいくのではないか。 無理して苦手なことで稼がなくても、「自分を生きる」ことでお金も入ってくるし、それが他者貢献にもなるのではないかという思いに至る。 しかし仕事を辞めることに大きな不安を抱え、使命が視えたにも関わらず、やりたいことがあるにも関わらず、一歩が踏み出せない。 ついに2018年決断。 24歳から39歳まで続けた英語講師の仕事をやめ、主婦業のかたわらグリーフケア・スピリチュアルケアに専念することに。 本心本音「自分を生きる」ことで人生どうなるのか、仕事を辞めた私の人体実験を兼ねたブログです。

次の

続・絶対に明かしてはいけない天皇家の正体 世界が騙された/(緊急)人類滅亡 そこちょっとつんつく

カオナシ 正体

令和になってから、地震、津波、洪水、台風、火事、火災。。。 水俣病犠牲者の方々の身もよじるお苦しみの怨念やら、本来の天皇家と共に国造りされた日本人のご先祖がたの鎮まらないやらと、いろいろとあります...... ただでさえ近付くと、それら怨念やら呪いやらにあたってしまい障りがあるのにの、日本の皇后になってしまったもので、今度は日本ぐるみ障りあたってしまうんですね... もぅ今まで何とか日本人のご先祖がたの偽天皇族への呪い・怨念やらを偽神道儀式で抑えていたのが、手の形も永遠に苦しむ念の恨みを受けてクックックッと曲がって行き...ムリムリになって来てしまっているという理屈です。 『日本を建国した大国主一族という名の阿波忌部 徳島県 』〔空と海〕 『忌部を追うと天皇の起源も見えてくる』〔めざまし政治ブログ〕 『八鉾神社 虚像の国引き物語 皇太子や中国雲南省政府が参拝したわけ』〔Youtube〕 『八鉾神社』 - Facebook 「...出雲大社の話が出ていましたので、もう一度シェアしておきます。 徳島市からも30分 以上車を走らせて到着する小さな神社である「八鉾神社」になぜ現役の皇太子がお忍び でお参りするのか? (平成4年行啓) それはここが出雲大社の元宮であると現在の皇室 もよくわかっているからなのです。 ...」 『大和をエッタ 穢多 に落としたシラギ神崇拝教|古代被差別部落とは、その3』〔裏古事記 日本人のルーツ飛騨〕 『ニセ斎部氏の正体-神武天皇に近づいてきた謎の祭儀集団』〔ウガヤフキアエズ王朝実在論〕 「...現在でも天皇家に大きな影響力を持つといわれている「忌部氏」と「斎部氏」ですが、その ルーツは謎のままです。 ところが、「ウエツフミ」と「古語拾遺」の比較から意外な事実が 浮上してきました。 それは、「ニセ斎部氏」が存在し、それは多分帰化人であり、意図的 に天皇家に近づいてきた痕跡が見えるのです。 まず、「ウエツフミ」の記述から紹介します...」 『出雲大社と皇室の関係は常識では考えられない関係になっています。 歴代の皇室は出雲大社の祭礼には使者を送りますし、必ず、天皇が訪問します。 』〔YAHOO! JAPAN知恵袋〕 『1天皇の起源:諏訪大社の元宮は徳島! 『その出雲族とはどのような人達か?』 『神社に潜む謎の勢力』〔阿修羅掲示板〕 1. この総会に出席する前、飛鳥昭雄、三神たける共著「『心御柱』の謎」を読んだ・ところ、伊勢神宮の内宮の地下宮にイエス キリストの血染めの十字架が祀ら・れており、表はイエス キリストであるが、裏は蛇であると書いてありました。 これには強いショックを受けました。 ですから「蛇礼拝」は悪魔礼拝であって、主の目にかなわない事だと聖書は告げているのです。 出雲勢力は、石やレンガを使うことができないので、大木を材料として組み合わせて巨大木造神殿を築いたのでしょう。 その最上階に大国主命をまつりますが、神殿が西方を向いているのは、エルサレムではなく、バビロンを向いているのです。 上記リンク先内容は、以下より転載の文章である事を以前に確認したが、以下のこのpdf文書は現在では確認できなくなっている。 元出雲大社の柱の三つ星はニンギシュジッダが作ったギザのピラミッドの三つ星であり、 ニンギシュジッダが作ったピラミッドも自分たちマルドゥク族が作ってものとして思わせようと、元出雲大社の作りもわざわざギザのピラミッドそのままになっています。 『出雲大社とピラミッドの余りに奇妙な共通点。 出雲大社は「大国主」を侮辱するために作られたものなのか。 この世の終わりが訪れた時、人間の世界の偽りと悪徳の王達は、 古代イスラエルのダビデ王家の振りをしているとはっきりと記されている。 ニンギシュジッダ家の神武天皇血流と十六菊花紋に摩り替わった異母兄弟筋の魔族マルドゥク家は、ダビデ王家ではない。 『天皇陛下の大嘗祭の大麻』〔麻の魔力と魅力〕 「...古代より「麁服(あらたえ)とは、「麁服(あらたえ)とは、阿波忌部直系氏人の御殿人(み あらかんど) が、天皇陛下が即位後、初めて行う践祚大嘗祭の時にのみ調製し・ 調進( 供納)する「大麻の織物」を云います。 天皇陛下が即位後、初めて行う践祚大嘗祭の...」 『ダビデ王の城(英王室の城)の遺跡がエルサレムの地下で発見・・・なーんちゃって!? もぅ人類への裁きの執行は、眠り猫族の人の手をも離れて、ニビルの神々がたのほうでの動きとなっているとの事です。 早ければこの夏という事でした。 『にゃんにゃん 破壞神ビルス樣は猫でした。 過越祭から復活祭。 そして聖靈會へ 艮の根? さん、猫さん起きちゃった。 番匠堂にて根子を切る。 』〔阿修羅掲示板〕 『暗號映畫『THE MATRIX』を審? 2019年9月6日 金 期間限定上映 此の映畫の眞の目的は、對日本人嚮け限定の覺醒映畫としてのみの目的の爲に作成された作品である事を理解せよ。 』〔阿修羅掲示板〕 ニンギシュジッダ神の神武天皇家を敬い大切に思う一族・同胞を、土蜘蛛ほかと卑しめられ人間扱いされずに茨で編んだ網で婦女子もずたずたに引きずり回され刺され切られ、何度も何度も踝までも血の海にされて来た、 日本人のご先祖がたの偽天皇家への怨念通りに、偽天皇家のお蔭で、残念ながら本来は神の民であった筈の殆どの日本人も、助からずに滅び去られる事でしょう。 『景行天皇が滅ぼした「土蜘蛛族」とは、ウガヤ王朝の本体だった。 』 〔ウエツフミとウガヤフキアエズ王朝の研究 ----大分に実在した古代国家----〕 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 木星サイズ、地球の1300倍もの宇宙戦艦でニビルの神々は、 地球人類を捕食して地球人類女性達とセックスしたがって地球を植民地にしたがり次から次へと何れ劣らぬ地球サイズの宇宙戦艦で押し寄せて来る無数のエイリアン達、 無数の文明を撃退し、地球を守って下さっておられる...... 地球文明などいったんこの神々が滅ぼされると決定された時には一溜りもありません。 『過去最大級のUFOが太陽周辺で激写される! 美しき「エンジェル型UFO」が太陽からエネルギーを補給…NASA衝撃画像!』〔TOCANA〕 『Angelic UFO Exiting Our Sun During Solar Explosion, June 2019, UFO Sighting News. 』〔YouTube〕 〔SOHO NASA〕 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CERN施設のせいで開閉してしまう時空・異次元の扉次からの次から次へとエイリアンの地球への侵入、 宇宙構造そのものの破壊や、破壊神の召喚等々への懸念もこの度の地球文明滅亡決定した要因だったようです。 』〔古代妄想|戦国奇譚|寺町奇譚 油膜の歴史 逸話と時代小説柵〕 『神武天皇の血流を追って ニンキジッタ トート 神の血流を辿る』〔阿修羅掲示板〕 イエス・キリストもニンギシュジッダの、古代イスラエルのダビデ王家の血を引く聖母マリアの胎への遠隔受精の子。 伽羅の金首露王の末裔で山幸彦族・神武天皇族の難波吉士族は、金首露王の長女である卑弥呼の邪馬台国の時から男王をやって、 その後に大和朝廷を築いた崇神天皇家で、ニンギシュジッダ血流の半神半人族でイエス・キリストと同族。 一方でニンギシュジッダの異母兄弟の古代バビロンのマルドゥク族は大国主命族であり、 ニンギシュジッダの作ったストーンヘンジもギザのピラミッドも人類創造主の末裔としての人類の宗家である天皇家も十六菊花紋も、 ニンギシュジッダら神々のやった業績は全部自分達マルドゥク族の業績に摩り替え、 一方で、それらストーンヘンジやらピラミッドやらで、ニビル火星時空ディフェンス基地爬虫類人職員らの叛乱長のシャムガスと共に悪魔生贄儀式をやって恐怖で支配し、カニバリズムし酒池肉林し、 それら悪い所業は、祭壇にニンギシュジッダのピラミッドに1つ目やら、その父神のエンキの雄羊の頭やら女神イナンナの女体やらを祀って、 これらの神々のせいにして来た。 現天皇家マルドゥク族と、そして叛乱後もニビルの神々に処刑されずに生き延びる為にマルドゥク族と血流を交えて来た叛乱長シャムガス 魔王ルシファー の末裔族の、英王室やらロスチャイルドやらブッシュファミリーやら李一族やらを、悪魔の13血流をカバール 血流 派イルミナティという。 一方で、これら児童誘拐やら生贄儀式やら酒池肉林やらばかりやっていて不幸と苦しみが続いている事に疑問を抱き、 血流派イルミナティに反抗し始めた一般の、シャムガスに従って叛乱した爬虫類人職員末裔のキッシンジャーらや、 ナチスが呼び寄せた金髪碧眼系侵略宇宙人のトールホワイトらの息のかかった勢力を、グノーシス派イルミナティという。 グノーシス派イルミナティは近年、血流派に対する疑問から、マルドゥクとシャムガスが自分達の悪魔儀式の悪事の責任を摩り替えて祀っている雄羊の頭=エンキが悪くてエンリル神が正しいと言って、 CERNで時空の扉を太古へと開いて、バビルの塔上空に滞空していたエンキを反粒子砲で吹き飛ばしてしまった。 実際には、マルドゥク族とシャムガス族がやりたい放題して責任をエンキやニンギシュジッダやイナンナに摩り替えて見せていただけで、 エンキやニンギシュジッダはニビルの善良な科学長官であり、ただ科学者としてやむにやまれぬ夢や期待から、 遺伝子操作の際に人類に文明を持てる力を与えてしまった為にルシファーだとか、 人間に知恵の実を食べさせてしまったエデンの蛇 サタン だとか罵られていただけで、 何者にも悪魔儀式を強要した事は無いのにの。 エンキは地球人類に精液を与えた現行人類の父。 : : [7] デス皇后の令和:地震、津波、洪水、台風、火事、火災。。。 なんでもありの予感!?くわばらくわばら!1 〔Kazumoto Iguchi's blog 2 〕 デス皇后の令和:地震、津波、洪水、台風、火事、火災。。。 なんでもありの予感!?くわばらくわばら!2 〔Kazumoto Iguchi's blog 2 〕 <冒頭16分>一周年祈念特別講演会 『日本人とは何者か?日本はどこへ向かうのか?』 最新科学と古神道の激突〔YouTube〕 高い知性と教養と教育者的精神性の持ち主ならではの、素敵な格好良い雰囲気の井口和基博士。 水俣病被害者やら日本人のご先祖方やらの怨念・呪念で、関係者は次々と不幸に見舞われる。 皇后にでもなれば今度は日本国民ぐるみその不幸に見舞われる。 創価学会員の婆さんもコロリと転んで、下水溝に顔が嵌まり、コロリと逝く。 : : [25] 百万の嘘よりひとつの真実が勝るね。 そんなもので恐怖してる連中はどこにでもいきゃあいい。 先日やっていた千と千尋の神隠し。 あれは完全に人身売買の隠れ里を描いた物だった。 あらわれる魑魅魍魎。 権力機構にあやかるものたち。 その中であの白龍 ハク はまさに正統な皇族。 そして油屋はまさにエプスタインの離れ小島。 人を食う連中と奴隷だけが住む場所。 誰にでも成り代わる闇の落とし子。 そんな世界に紛れ込んだ子どもが一体どうすればその世界で明るく生きられるかを示したつもりで描かれた映画だったんだろうと解釈。 60年安保で闘って来た彼ら世代は本当に裏社会について物知りだ。 : : [1] 「そして、その闇の扉を開けるヒントは、お祭りの神輿にあるようです。 そこで、神輿について調べることにより、この国の闇の部分に、微かではあるけれども光を投じてみることにしましょう。 」 とありますが、今ひとつ、何故に闇の扉を開けるヒントが神輿という事になるのか、そのエビデンスが伝わって来ない、不明なのです。 いえ、神道のルーツが宇佐八幡宮にあったと言われたいのは分かるのですが... それか、いっそ「神輿に着目して論じたいと思います」等とされたほうが良かったと、思います。 また、タイトルは「神輿の黙示録」というのではなく、「神輿と仏像の黙示録……」という風にしたほうが、良かったと思います。 また、途中途中で、「ハレとケについて」とか、「太陽信仰とミトラ教」等と、タイトルを付けて下されば、もっと読み易かったかと思います。 だって、普通は、頭の良い方の書かれる文章には、「序・破・急」とか「起・承・転・結」とか生きた論理の動き、強弱、流れというものがあるものでしょう? まぁこれはこれで私は珍しくて貴重な文体に思って、大事に保存したくなりましたが...w 8. : : [1].

次の

【閲覧注意】千と千尋の神隠し、カオナシの正体や意味がヤバかった | シネパラ

カオナシ 正体

Contents• 千と千尋の神隠しのカオナシの正体を考察! 「 千と千尋の神隠し」と言えば、知らない人もいないくらい有名なジブリのアニメ映画ですよね。 2001年に公開され、興行収入はなんと 308億円!! この数字は「タイタニック」や「アナと雪の女王」、「君の名は」と言った社会現象を巻き起こすほどの数々の人気作品を抑え、現在も 日本歴代興行収入堂々の第一位です。 そんな「千と千尋の神隠し」に登場する カオナシ。 黒い体に白いお面。 「ア・・・ア・・・」とか言いながらモノをくれようとする「良いヤツそうなキャラ」だと思いきや・・・ カエルをはじめ登場人物を次々と丸飲みするシーンでは底知れぬ恐怖を覚えた人も多かったのではないでしょうか? 今回は、そんなカオナシの正体について考察したいと思います。 カオナシの正体はサタン!? 本日の妄想 カオナシはサタンと言われている。 サタンはルシフェルのことであり、元は力のある天使だった。 サタンが死ぬと聖書では「福千年」がやってきて、平和な時代が千年続くと言われている。 しかし、同時にカオナシの死は、あらゆる人間から顔の表情を消す。 つまりロボットの時代が来るのだ。 — 白島 真(しろしましん) shindesuyo53 実はカオナシの正体は サタン(聖書に登場する悪魔)なのではないか?と言われています。 これにはいくつか理由があります。 1つは千尋がカオナシや坊たちと電車に乗って銭婆の元へ行く時に車窓に映る文字です。 窓の外には色々なものが見えるのですが、なんと 画面左端に一瞬だけ「サタン」という文字が見えます! この文字は見きれていますし、コマ送りにしないと見えないくらい短い間なので、普通に見ていたら見落としてしまいますが・・・ わざわざ「サタン」という文字を入れたのには何か訳があるとしか思えないということで、その他の根拠も含め、カオナシの正体のことなのでは、と言われています。 また、電車に乗って千尋たちが向かう「 沼の底」も、カオナシがサタンと言われる理由の1つです。 この「沼の底」は6つ目の駅なのですが、 「6」は悪魔の数字だと言われています。 そして、最終的にカオナシだけはこの沼の底にある銭婆の家に残ることになるのですが、 聖書の中で、サタンが最後に行き着くのは「底知れぬ所」。 ・・・カオナシ=サタンと考えれば、カオナシが最後に辿り着いた沼の底は「底知れぬ所」ということになりますね。 このように聖書とリンクしているような部分もあるため、「カオナシサタン説」はかなり濃厚になっています。 最後に、後述しますが カオナシは欲望の塊、象徴だとも言われており、 サタンも聖書の中ではキリストたちをそそのかした悪魔という扱いです。 カオナシとサタンにはこういった多くの共通点 が見られるので、サタンをモデルにしたのではないかと言われています。 カオナシの正体は人間の欲望そのもの!? 千と千尋のカオナシは、人間の欲望の象徴であると本に書いてあった。 カオナシは金を出すことで何でも手に入ると思っている。 ご馳走や、金に集まって来た人を食べてしまう。 しかし千尋が欲しいものは出せなかった。 千尋が欲しかったのは父親と母親の安全であり、困難を乗り越えた自分だったからかも。 — とうふ GiTai1128 カオナシは何も無いところから砂金を生み出す魔力(?)を持っています。 この力を利用し、カエルを誘導して丸飲みしたりして、油屋の従業員たちを惑わします。 ちなみに自分を気に掛けてくれた千尋もこういった能力で手に入れようとしますが、それには失敗していますね。 とはいえ、カオナシは 「他者の欲」を利用し、自分の欲しいものを手に入れるのです。 そんなカオナシの姿が人間の欲望を写しだしたようだと言われています。 手から出てくるのが「砂金」というのも、 お金への欲が深い人間の心の黒い部分を投影しているようで、イヤですね。 笑 カオナシは誰の心にもいる!? 似たような人を見つけて心の中のカオナシが(あっ………あっ………あぁ………)してる — 藍笹キミコ syasinsisaisasa 「千と千尋の神隠し」を手掛けた宮崎駿監督によると、「 みんなの中にカオナシがいる」のだそうで・・・ 欲望だとか悪い心だとか、そういった人間の黒い部分をカオナシというキャラクターで描いたのではないでしょうか? 体も黒いですし・・・笑 また、カオナシは汚い欲と共に 誰かに気付いてほしい、居場所が欲しい、という寂しい部分も持ち合わせています。 これも人間誰しも少しは持っている感情です。 そう思うと、カオナシは人間の「心」というよりも「 人間そのもの」を描いている可能性も考えられますね! カオナシは若者のメタファーだった? 恐っろしい事に、現代から見ると『カオナシ』は最早『キレる若者』のメタファーではなく『迷惑なオッサン』として見た方が解り易いんだよなぁ。 どっちかって言うと、千尋の境遇の方が遥かに『今の若者』って感じだもの。 — U ebleco 現代の若者の特徴を見てみましょう。 情報社会の中で多くの情報に惑わされ、自分の意見を持っていない• 多くの情報源があるため流行にますます敏感• 量産型のメイクやファッション、ヘアスタイルなどを好み「個性」を捨てている• SNSなどの発達によりコミュニケーション能力が低下している• コミュニケーション力がないので気に入らないことがあると暴れる• 困ったことがあると人に頼ったりお金で解決しようとする もちろん全員がそう!という訳ではありませんが、今の若者たちにはこういった印象を抱かずにはいられません。 そしてカオナシは• 自分の言葉で話せないので誰にも理解されない (=コミュニケーション能力がない)• 砂金で他者を操ろうとする (=お金で解決)• 自分の意にそぐわない千尋を追いかけ回して油屋を荒らす (=気に入らないと暴れる) ・・・どうですか? いかにも「今時の若者」という感じの行動を取っていますよね。 笑 また、上映時のパンフレットのカオナシの説明には「 他人の声を使わないと意志を伝えられない・・・主体性がない」といった記載があったそうです。 「ア・・・」しか言わないし、めちゃくちゃコミュ障ですね、カオナシ・・・ そしてカオナシという名前に、真っ黒な姿、能面のような顔。 これも「個性」の感じられない現代の若者を表現しているような印象です。 かと思えばとんでもなく個性的な人もいますけどね・・・ 若者は極端です。 カオナシのモデルは一体誰? 『思い出のマーニー』の米林監督。 それは「借りぐらしのアリエッティ」の監督を務めた 米林宏昌さん。 この話は「アリエッティ」ヒット祈願のイベントの際に、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによって語られたのですが、「千と千尋」と「アリエッティ」の2作品で声優を務めた神木隆之介さんも「会った瞬間、『あっ、カオナシだ』って」と、便乗してコメントするほとでした。 ネットで検索すると、米林監督とカオナシが並んでいる写真も出てきますが、まぁ似ているような、そうでもないような・・・という感じです。 笑 しかし、実は米林監督をモデルにカオナシが作られたのではなく、宮崎駿監督がカオナシのことを「 まろ(米林監督のニックネームです^^)にそっくりじゃないか」と言ったことによって「米林、カオナシモデル説」が浮上したのだとか。 と言う訳で、カオナシのモデルとなった 具体的な人物はいませんでした! まとめ 人気アニメ映画「千と千尋の神隠し」のカオナシについて考察しました! カオナシは ・個性がない ・コミュニケーションが取れない ・欲深い などの特徴があり、その元となっているのは 聖書に登場するサタン、現代の若者、人間の欲などではないかと言われています。 具体的なモデルはいませんが、米林宏昌監督に似ている、と宮崎駿監督が語っていました。 作中の重要なキャラクターであるカオナシの行動や心の変化にも注目しながら、物語を楽しんでみてくださいね!.

次の