コロナ いつ 収束する。 「いつ収束するのか…」休業も経済補償なし コロナ禍で苦境の中小事業者:イザ!

新型コロナウイルスが収束する時期は意外と早いと思う理由│50歳でアーリーリタイアした男のブログ

コロナ いつ 収束する

Contents• ますます感染拡大が広がるコロナウイルスですが、収束するのは、いつ頃なのでしょうか? この記事では、コロナの収束時期について信頼がおける専門家や海外の意見を紹介し、コロナが収まるまでの生活費を確保する方法を紹介したいと思います。 尾身会長の意見 最近、テレビでよく見かける諮問委員会の尾身茂会長は、当初から、コロナの収束時期について、以下の発言をされていました。 無症状の患者が数多くいるため、そもそもコロナの感染拡大を防ぐことは難しい。 コロナ騒動が収束するためには、ワクチンや薬が開発されるか、もしくは、感染が広がり、集団免疫が出来上がるかの2つしかない。 ワクチンや薬が開発され、実用化できるまでには、1年半から2年かかる。 ハーバード大学の意見 また、米ハーバード大のチームによれば、新型コロナウイルス感染症の特効薬やワクチンが開発できなければ、米国は外出自粛措置などを2022年まで断続的に行うことになるとのことです。 重症患者を受け入れる救命救急施設の不足を防ぐため、今後とも人と人の接触を大幅に減らす必要に迫られ、最短でも22年1月まで1回1カ月程度の自粛期間を計5回設ける必要が生じるとのことです。 テレビ番組を見ていると、5月6日までの1カ月間9割外出を制限すれば、コロナを収束できるといった報道があります。 もちろん、外出を宣言すれば、感染拡大は防げるでしょう。 しかし、それで完全にコロナウイルスが死滅するわけではありません。 2020年2月初旬頃のコロナ感染が広がっていない時期に戻るだけでしょう。 自粛を緩和すれば、また、数か月で感染が拡大。 そして、約一ケ月の活動自粛、といったサイクルがワクチンや特効薬が開発されるまで、繰り返されるでしょう。 ワクチンや特効薬については、史上最速のスピードで開発が進められているということですから、1年後くらいには量産体制が整うではないでしょうか? これらのシナリオが現実となるとすれば、これから1年間の収入や生活費をどうするかを今から考えておくべきです。 これから1年間の収入と生活費を確保する方法 コロナが収束すれば、全世界で驚異的な景気のV字回復が起こるでしょう。 ただし、それまでの1年間生活をなんとか維持しなければなりません。 個人レベルでできる対策を以下に記します。 家計簿をつける まず、おすすめしたいのが家計簿をつけて、生きていくのに最低限必要なお金の金額を計算することです。 家賃や住宅ローンについては、今後、延納を認めてもらえるケースが出てくるかもしれません。 特に、大手金融機関から借りている住宅ローンならば、一般的には、延納しても6カ月間は猶予があります。 しかし、食料や光熱費等の最低限必要なお金は確保しておく必要があります。 毎月、食費や光熱費について、いくら支払っているのか分からない家庭も多いと思います。 まずは、家計簿をつけて、最低限必要なお金の金額、および、支出の優先順位をつけましょう。 そうすれば、これから1年間で必要な収入金額の把握ができます。 筆者が現在利用しているアプリは、こちらのアプリです。 有料版もありますが、まずは、無料版で十分だと思います。 個人事業主は100万円、中小企業経営者は200万円の給付金がもらえる 1人当たり一律10万円の給付金以外にも 、個人事業主や中小企業経営者には給付金が出る見込みです。 正式名称は、 持続化給付金と言います。 感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金とのことです。 詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。 個人事業主や中小企業経営者なら、コロナ融資を受けられる さらに、個人事業主や中小企業者なら政府系金融機関からコロナ融資を受けられるかもしれません。 たとえば、日本政策金融公庫は、新型コロナウイルス感染症特別貸付を実施しています。 これは、最初の3年間0. ただ、もちろん事業のための融資なので、審査があります。 会社員が生活費を確保する方法 休業補償をもらう 残念ながら、会社員の場合は、個人事業主や中小企業経営者のような給付金はありません。 また、事業をやっていないのですから、融資を受けるわけにもいきません。 ただし、勤務先の売上が減少した場合、勤務先の会社が雇用調整助成金を申請することができます。 雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に休業手当、賃金等の一部を助成する制度です。 ただし、今の状況が続けば、コロナが収束するまで会社が存続できるのかどうか分かりません。 観光業や飲食店にお勤めの多くの方が同様の不安を持たれているのではないでしょうか? 失業保険をもらう 会社が倒産、もしくは、解雇された場合、雇用保険に入っている方は失業手当をもらうことができます。 失業保険の受給開始日は、会社都合や自己都合など退職理由によって変わります。 会社都合で退職した場合 倒産や解雇などの会社都合で離職した場合には、失業手当の申請手続きから1週間の待機期間後に失業状態と認定され、雇用保険に加入していた期間に応じて失業手当を受給できます。 自己都合退職の場合 一方、自己都合の場合には、1週間の待機期間後に 3か月の給付制限期間があり、その分の失業手当は給付されません。 また、離職理由は失業手当を受給できる日数にも影響するため、重要です。 3か月間収入がゼロになるかどうかは大きな違いです。 このため、転職先が決まった場合は別として、できるだけ会社都合退職になるように取り計らいましょう。 また、従来の給料よりも85%以下に減額されたとき、または業務時間の短縮で85%にまで落ち込んだときは自分から退職を言い出した場合でも会社都合退職として認めてもらえます。 基本手当日額の現在上限額は30~44歳で6,755円、45~59歳で8,260円です。 失業保険の給付日数 給付日数は会社都合退職と自己都合退職の場合で異なります。 また、被保険者であった期間も給付日数に大きく影響する場合がありますので、可能な限り、退職日を調整しましょう。 給付日数を延ばす方法 実は、公共職業訓練を受講すれば、 訓練修了まで 失業保険の給付日数を延長することができます。 例えば、就業期間が1年未満であれば、会社都合であっても年齢に関係なく、失業保険は90日間しか支給されません。 しかし、ここで30日間支給されたあとに、180日間の公共職業訓練を受けたとします。 また、公共職業訓練を受講すれば、自己都合で退職した人であっても、公共職業訓練が開講した日に3カ月間の給付制限が解除されます。 公共職業訓練は「1カ月、3カ月、半年、1年間」だけではなく、2年間の訓練コースまで用意されています。 この場合も2年間はしっかり失業保険が貰えます。 民間のキャッシングを利用する 勤務先の倒産の心配をしている人も多いでしょう。 しかし、ここまで述べてきたような対策を実施すれば、半年~1年程度の生活費は確保できる見通しの方も多いのではないでしょうか? 上記の対策でも、まだ、これから1年間の収入が足りないという方は、民間のキャッシングを利用するしかありません。 最近では、SMBCモビットやオリックス銀行カードローンなどの大手金融機関の広告が減ってきているように思います。 失業してからでは借入ができないため、先行きが不安な方は失業する前に借入を行うことをオススメします。

次の

コロナはいつ収束するか?コロナが収束するまでの生活費を確保する方法

コロナ いつ 収束する

山中伸弥教授(写真:石田高志) 安倍晋三首相は2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため緊急事態宣言を発令しました。 対象地域は東京を含む7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)で、期間は4月8日から5月6日までの約1カ月です。 1カ月という期間を長いと感じるか短いと思うか、捉え方は人それぞれでしょう。 確実に言えるのは、このウイルスは人間の都合など全くお構いなしだということ。 暖かくなれば感染拡大のペースが落ちるのではないかという、当初の楽観論も最近は聞かれなくなりました。 では、新型コロナの影響は一体いつまで続くのでしょうか。 「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 世界の感染データを検証すれば、今後の趨勢がある程度予測できるからです。 米Johns Hopkins大学のデータより。 「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。 死亡率は2. 4%と世界平均(5. 8%にとどまっているのはまさに今、感染が爆発的に増えている証拠でしょう。 Trump大統領は3月31日、厳しい行動制限などの対策を打ったとしても米国内の死亡者数が最終的に10万から24万人になるとの見通しを発表しました。 米国に次いで現感染者数が多いのはヨーロッパ諸国です。 2週間ほど前から感染が爆発的に広まったイタリアとスペインが8万人台、その下にドイツとフランスが6万人台で並びます。 これらの国はまだまだ予断を許しませんが、治癒率が10%から20%台の後半になっている点が米国と大きく異なります。 医療体制が整ってくれば、現感染者数も少しずつ減っていくはずです。 「現感染者数」では既に日本と中国が逆転 私が注目したのは中国のデータです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国であり、累計の感染者数は8万人を大きく超えているにもかかわらず、現感染者数は2116人にとどまります。 この数は日本の現感染者数(2548人)よりも少なくなっているほどです。 「中国の統計データは信用できない」と考える人は少なくありません。 気持ちは分かりますが、国際的に見れば日本の検査数が少ないことも否めない事実です。 そもそも国民全員を対象にPCR検査をすることは物理的にも経済的にも不可能であり、検査品質を世界で統一することもできません。 結局、各国政府が公表しているデータを「正しい」と信じるしかないのです。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。 感染の発生源である武漢市(湖北省)は1月23日から封鎖(4月8日に76日ぶりに封鎖が解除される予定)。 北京や上海など国際都市も含め、海外から来た人は外国人であっても強制的に2週間隔離しています。 スマートフォンの位置情報を使って、感染の疑いのある人が今どこにいるかを示すアプリまで登場しました。 先進国であればプライバシーの侵害だと大問題になるのは必至です。 そうした批判も顧みず強権を発動できるのが中国という国であり、感染防御という側面ではそれが効果的に働いたことは事実です。 中国でも感染拡大の「第1波」を乗り越えられただけ では、中国は新型コロナウイルスを克服できたのでしょうか。 図1に中国における感染者数と死亡者数の推移をグラフで示しました。 これを見れば、中国では感染のピークが過ぎたことが分かります。 欧州疾病予防管理センター (ECDC)が公開している国別感染者データ(the geographic distribution of COVID-19 cases worldwide) ただし、感染者をゼロに封じ込めた状況とはなっていません。 ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 ところが、3月末から再び100人を超える日が増えてきたのです。 中国政府は人民に対して厳しい外出規制を課してきましたが、3月に入ってから状況に応じて都市ごとに規制を緩めました。 その結果、週末になると商業施設や観光施設が混雑するようになりました。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 WHOの基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間、感染者が新たに発生しなければ終息宣言となります。 新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とみられていることから、少なくとも4週間、感染者数がゼロにならない限り、ウイルスとの闘いは終わりません。 独裁的な中国共産党をもってしても、感染者数をゼロにするのは至難の業です。 21世紀の世界では、人の往来を完全にシャットアウトすることは誰にもできません。 つまり非常事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかるのは(残念ながら)間違いありません。 山中教授が「1年は続く」と指摘したのは、感染力の極めて高いSARS-CoV-2ウイルスの本質を見抜いているからです。 もちろん、バイオテクノロジーを駆使すれば、効果的なワクチンや治療薬も開発できるでしょう。 ただ、その未来がやってくるには年単位の時間がかかります。 それまでの間、私たちは医療崩壊を防ぎながら、何とかしのいでいくしかありません。 山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えました。 もはや、長期戦で臨むことを覚悟するしかありません。

次の

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

コロナ いつ 収束する

3月4日追記 新型コロナの感染が中国では減少していると言われています。 【AFP=時事】中国当局は3日、国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに125人確認されたと発表した。 1日の新規感染者としては過去6週間で最少。 中国本土の感染者数は合わせて8万人を超えた。 yahoo. 3月4日追記 新型コロナにかかった人が、「喘息で使用する吸入」で改善されたケースがあったと、ニュースで言っていました。 新型コロナウイルスに感染して肺炎になった患者に対して、ぜんそくの治療に使われる吸い込むタイプの薬を投与したあと、症状の改善が見られたという報告が、日本感染症学会のウェブサイトに掲載。 — マムよし yoshimom123 ウイルスに対して効果があるわけではないので、喘息でない人が使うと危険な場合もあるという見方もしている人もいました。 私も咳喘息を持っていますが、確かに咳の症状を抑えてくれます。 「直撃! シンソウ坂上」という木曜放送の番組で、 新型コロナの猛威は世界中に広まっている状況です。 中止ではなく延期になることは、日本としても経済的損失が危ぶまれていたので非常に助かる内容ではあります。 上記の問題を、これからオリンピック委員会が話し合っていくのではないでしょうか。 ちなみに、聖火リレーは中止になり、延期に向けて日程を決め直す予定になっています。 組織委員会の森会長は24日夜、記者会見し 「聖火リレーはスタートせず、今後の対応を検討する。 大会の延期日程にあわせた新たな聖火リレーの日程を定めて、盛大なグランドスタートができるように準備する」と述べました。 nhk. html.

次の