パワフルプロ野球2020。 新要素が豊富!『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』の注目ポイントを総まとめ【特集第1回/電撃PS】

【パワプロ2020】予約特典と最安価格まとめ【eBASEBALLパワフルプロ野球2020】

パワフルプロ野球2020

シリーズ作品をプレイしてきた人でも、本作のモードの多さには驚くハズ。 すべてのモードについて語りだすと収拾がつかなくなりそうなので、本記事ではサクセスモードについてお届けしようかな、と。 基本的なシステムはほぼ完成されていて安心感があるので、まずは「どんなぶっ飛んだシナリオなのか?」というのがサクセスで気になるところでしょう。 本作では『』以来、6年ぶりに大学野球が舞台となっていて、なつかしい名前がたくさん出てきて、歴戦のパワプラーほど、ニヤっとする場面が豊富。 もうひとつ、本来の目的である選手育成においても、その楽しさは健在です。 ランダムで発生するイベント、試合の勝敗、練習に参加しているチームメイト、そしてダイジョーブ博士など、何度プレイしても同じ選手の育成は不可能なほど。 トライ&エラーをくり返して、ゲーム内ではなく自分自身の中に経験を蓄えていくことで、より強い選手を育成しやすくなるというのが最高に楽しいんですよ! 3番目のシナリオはエジプト大学。 このシナリオでは、練習は一切やらずに、ピラミッドの建造をすることが目標です(笑)。 そこに、セティーヌがかけてくれる魔術の効果が毎月ランダムで上乗せされる形式。 なお、セティーヌの評価が上がると、毎月かけてくれる魔術の効果を選択可能に。

次の

新要素が豊富!『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』の注目ポイントを総まとめ【特集第1回/電撃PS】

パワフルプロ野球2020

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、「実況パワフルプロ野球」(パワプロ)シリーズ最新作となる『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』を2020年7月9日(木)に発売することをお知らせします。 本作は、シリーズ史上最大級のボリューム!「パワフェス」・「LIVEシナリオ」・「栄冠ナイン」モードがNintendo Switchで初めてプレー可能になった他、PlayStation4では初めてとなる、最大4人までの協力プレーで、家族や友人とも楽しむことができます。 本作の詳細については、 本日公開の公式サイトなどで随時お知らせします。 パワプロのすべてを楽しめる、『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』にぜひご期待ください。 実況パワフルプロ野球シリーズ 「実況パワフルプロ野球」シリーズは1994年に家庭用ゲームとして誕生して以来、25年以上にわたり楽しまれてきた、コナミデジタルエンタテインメントを代表する野球ゲームです。 2014年には、選手育成モード「サクセス」を搭載したモバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』の配信を開始しました。 そのほか、2017年から愛媛国体の文化プログラムにて、「実況パワフルプロ野球」シリーズによるeスポーツ大会が行われた他、2018年には日本野球機構(NPB)との共催でプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」を開催し、早くも3年目の開催も決定。 eスポーツ競技タイトルとしても注目を集めています。 製品概要• タイトル :eBASEBALLパワフルプロ野球2020• メーカー :KONAMI• 発売日 :2020年7月9日• ジャンル :野球・育成• プレー人数 :Nintendo Switch:TVモード 1~4人、テーブルモード 1~4人、携帯モード 1人.

次の

【パワプロ2020】予約特典と最安価格まとめ【eBASEBALLパワフルプロ野球2020】

パワフルプロ野球2020

コナミデジタルエンタテインメントは、野球ゲーム「」を、7月9日に発売した。 対応機種はNintendo SwitchとPlayStation 4。 通常版(パッケージ版、ダウンロード版 は、Nintendo Switch用が6980円(税抜)、PS4用が7980円(税抜)。 パワフルエディション(ダウンロード専売)は、Nintendo Switch用が8980円(税抜)、PS4用が9980円(税抜)。 本作は「実況パワフルプロ野球」(パワプロ)シリーズの最新作。 「大会」や「パワアリーナ」、東京2020オリンピックの公式ライセンスを使用した「東京2020オリンピック」を新モードとして追加。 2020シーズンの選手データを搭載し、シーズン中だけではなく、2021シーズンも選手能力をアップデートするなど、最新のプロ野球選手データで長く楽しめるという。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の