白ニキビ 薬 市販。 赤ニキビと白ニキビの見分け方や違いとは?どっちも薬で治る?

白ニキビの原因と対処法

白ニキビ 薬 市販

黄ニキビは赤ニキビがケロイド状、化膿した際に起きやすく重症ニキビと言えます。 黄ニキビの原因としては 黄色ブドウ球菌という細菌が繁殖していることが言えます。 対策としては原因である黄色ブドウ球菌を殺菌する必要があるわけですね。 そのためアクネ菌を殺菌する薬を塗ったとしても黄ニキビは治らない場合があるので要注意です。 黄色ブドウ球菌を殺菌できる薬を塗ることが大切です。 ここでは黄ニキビに効く市販の薬についてお伝えしたいと思います。 黄ニキビに効く市販の薬 まず黄ニキビを治す市販の薬としてはイブプロフェンフェチノールを配合した薬、あるいは抗生物質を配合した薬が効いていきます。 その中で代表的な薬というのは ペアアクネクリーム、テラコートリル軟膏、ドルマイシン軟膏の3つが挙げられます。 ・ペアアクネクリーム 会社:ライオン株式会社 有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール 効果:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ 価格:14gで883円 ペアアクネクリームは代表的なニキビ薬のひとつですが、イソプロピルメチルフェノールという殺菌作用のある成分を配合しています。 クリーム状になっていまして、匂いや肌さわりはニベアにそっくりです。 保湿クリームという感じですが、実際保湿成分も含まれています。 肌にやさしくニキビにつけても、刺激がありません。 アクネ菌も殺菌することができますが黄ニキビの原因である黄色ブドウ球菌も殺菌できます。 ただし殺菌作用は市販用に抑えられているので、効かないこともあるので要注意です。 1日2回洗顔後にニキビ部分にのみ塗っていきます。 黄ニキビの場合には1~2週間ほどで改善されていきます。 また抗炎症作用のあるイブプロフェンピコノールによって 赤ニキビやニキビ跡の赤みを抑えることができます。 通常のニキビにも効きます。 ・テラコートリル軟膏 会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン 有効成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩 ヒドロコルチゾン 効果:赤ニキビ、ニキビ跡の赤み、背中ニキビ、化膿を伴うニキビ 価格:800~1000円 即効性:1日~1週間 テラコートリル軟膏は オキシテトラサイクリン塩酸塩という抗生物質が含まれております。 抗生物質は細菌がタンパク質と合成するのを阻害していきます。 これによりアクネ菌、マラセチア菌(背中ニキビ、おでこのぶつぶつ)、黄色ブドウ球菌を殺菌することができます。 さらに ヒドロコルチゾンという5群(最弱)のステロイドを配合しており、抗炎症作用もあります。 ニキビ跡の赤み、赤ニキビを抑えることができます。 市販の塗り薬にも関わらず皮膚科で処方される抗生物質とステロイドが2つ配合された唯一の薬とされます。 ちなみに中身は 黄色い塗薬です。 べたつきや刺激感もほとんどなく、無臭なのもおすすめなポイントです。 ・ドルマイシン軟膏 会社:ぜリヤ新薬 値段:1本(6g)600円 成分:コリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン)とバシトラシン 用法用量:1日2回洗顔後にニキビ部分に塗る コリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン)と バシトラシンという2つの抗生物質が配合された塗り薬です。 2つの抗生物質によって非常に殺菌性が高く、黄ニキビの原因である黄色ブドウ球菌を殺菌していきます。 もともと 化膿ややけど、ケロイドの薬であり期待が持てます。 もし黄ニキビを確実に治したい場合にはこのドルマイシン軟膏を試してみるようにしましょう。 ということで黄ニキビは以上の3つの塗り薬を塗ることで治りますので試してみてください。 黄ニキビに効く市販の薬について簡単にわかりやすくまとめると ・副作用が少なく、通常のニキビケアとしても使いたい場合には ペアアクネクリーム ・ステロイドと抗生物質によって炎症ニキビや黄ニキビにも効く テラコートリル軟膏 ・2つの抗生物質によって最も黄ニキビに効く ドルマイシン軟膏 となっていますので、自分の好みに合わせて使っていきましょう。 どの薬も黄ニキビに使ったとしても刺激感は感じられないので安心してください。 どれも薬局やドラッグストアでは売られているので、ぜひ試してみてください。 黄ニキビに効く皮膚科の薬 まず市販の黄ニキビに効く薬を塗っても治らない場合には皮膚科に相談しましょう。 皮膚科に行くことで、より殺菌力の強い薬を処方してもらうことができるため、黄色ブドウ球菌は治る可能性が高まります。 黄ニキビの場合には ゲンタシン軟膏がよく処方されていきます。 会社:MSD株式会社 値段:1本(6g)600円 成分:ゲンタマイシン硫酸塩 用法用量:1日2回洗顔後にニキビ部分に塗る ゲンタシン軟膏は皮膚科の薬の中でも特に幅広い殺菌力を持ち、 ブドウ球菌属、レンサ球菌、アクネ桿菌、緑膿菌、マラセチア菌などを殺菌できます。 これにより通常のニキビはもちろん背中ニキビ、黄ニキビなどにも有効とされます。 市販のドルマイシン軟膏よりも抗生物質として強いのでぜひ試してみてください。 中身はこのような無色透明になっており、匂いも全くありませんし、肌につけても刺激感は一切ありません。 ただしかなりべたつくので注意してください。 また重症化した黄ニキビの場合には塗り薬ではなく ミノマイシンなどの抗生物質を含んだ飲み薬を処方してもらえます。

次の

白ニキビに効くおすすめの市販薬!

白ニキビ 薬 市販

病院に行かずに、薬局で簡単に変える• とりあえずニキビをケアできる• 低価格でお財布に優しい ニキビのケア商品もいろいろありますが、上記のように 比較的手軽に試すことができるのが市販薬です。 ニキビに悩んだらまずは市販薬を買ってみようと思う方、または実際に買ったことがある方が多いのではないでしょうか。 しかし、ニキビの市販薬といっても50種類を超えるほど多くの商品があるので、自分に合った商品を選ぶのも一苦労ですよね。 配合成分の刺激が強く、 逆にニキビを悪化させる可能性もあるのでしっかりと成分などをチェックして選ぶことが大切です。 今回は、おすすめのニキビの市販薬の紹介と、正しい選び方と使い方について解説していきます。 薬局で買える!大人ニキビのケアにおすすめの薬 ニキビに効くとされる市販薬はたくさんありますが、なんとなくや適当で選ぶことはニキビの悪化や肌荒れの原因になってしまいニキビの改善につながりません。 ニキビに悩んでいるとしても、敏感肌・乾燥肌・脂性肌など肌質は人それぞれですし、ニキビにも白・黒の赤ちゃんニキビから、赤・黄の炎症ニキビまでありますよね。 商品によって少しづつ異なりますが、 市販薬は主に炎症の起きたニキビを治すのに優れています。 白ニキビや黒ニキビなど炎症が起きていない段階のニキビに使うことで逆にニキビを悪化させてしまう場合もあるので注意してくださいね。 今回は、実際に 薬局の薬剤師さんにインタビューをしておすすめの商品を教えてもらいました。 それぞれの商品にあう肌質やニキビの段階なども含め、おすすめのニキビ市販薬を紹介していきますのでぜひ商品選びの参考にしてみてください。 アクネス25 販売会社 ロート製薬 分類 第2類医薬品 価格 1296円 販売店舗 マツモトキヨシ ニキビ有効成分 イブプロフェンピコノール・イソプロピルメチルフェノール 効果のあるニキビ 赤ニキビ・黄ニキビ 肌質 乾燥肌・脂性肌・敏感肌 炎症を抑える働きをしてくれるので、 赤ニキビや黄ニキビのケアにおすすめです。 保湿成分のスクワランが配合で使用後の 肌の乾燥をカバーすることができるので、乾燥肌の方のニキビケアにもってこいの商品。 また 無香料・無着色・弱酸性でお肌に優しく作られているので敏感肌の方でも安心して使えそうですね。 鼻筋あたりにできたニキビが酷くてアクネス25塗りまくってたら収まった — はみえる hamimiel アクネス25の即効性に感動 患部に塗って一晩でそこそこ良くなってる感 — マサ氏 sai783 ツイッターではニキビが良くなったや、即効性があるなどの声が多く見られました。 とにかく早くニキビを治したい!という方は、試してみる価値アリの商品! クレアラシル オトナ肌用 販売会社 SSLヘルスケアジャパン 分類 医学部外品 価格 1080円 販売店舗 マツモトキヨシ ニキビ有効成分 イソプロピルメチルフェノール・レゾルシン・アラントイン 効果のあるニキビ 赤ニキビ・黄ニキビ 肌質 乾燥肌・脂性肌・敏感肌 ニキビケアで有名なクレアラシルの大人ニキビ用の商品。 炎症を抑える効果があるので、赤ニキビや黄ニキビのケアに使うのがおすすめです。 また、ビタミンCの美白効果で ニキビ跡を作らないようにきれいにニキビを治すことができるのがクレアラシルならではの特徴ですね。 保湿効果もあるので乾燥肌の方でも使いやすそうです。 おっはよー。 ニキビはどうなった?オロナインなんか使うより例えば「クレアラシル」の大人用(って日本で売ってんのかなあ?)がとっても良く効くよ。 試してご覧。 — ジャックの(もと)飼い主 fwhf4157 オトナ用クレアラシル塗ると一晩で良くなるからオススメ — みおこ iokoim 即効性はあまりありませんが、継続して使うことでニキビへの効果は実感できるようです。 ニキビ跡のできやすい方には嬉しいですね。 オロナイン 販売会社 大塚製薬 分類 第2類医薬品 価格 398円 販売店舗 マツモトキヨシ ニキビ有効成分 クロルヘキシジングルコン酸塩液 効果のあるニキビ 赤ニキビ 肌質 乾燥肌・敏感肌 ニキビ用の商品ではありませんが、抗炎症成分が入っているので 赤ニキビのケアにおすすめです。 ワセリンやオリーブ油などが 使用後の肌の乾燥を予防してくれるので乾燥肌の方のニキビケア向き。 一方、脂性肌の方には油分がニキビの原因になってしまうのでおすすめできません。 オロナインってしゅごい! ペアアクネクリーム 販売会社 LION 分類 第2類医薬品 価格 977円 販売店舗 マツモトキヨシ ニキビ有効成分 イブプロフェンピコノール・イソプロピルメチルフェノール 効果のあるニキビ 白ニキビ・赤ニキビ 肌質 乾燥肌・脂性肌 炎症を抑える効果があるので 赤ニキビのケアににおすすめです。 白ニキビのケアにも効果的とのことで、炎症ニキビに悪化させずに治すことができるのは嬉しいですよね。 ただし、アルコールが入っているので敏感肌の方は注意しましょう。 私がインタビューしに行った薬局でも1番売れている人気の商品とのことでした。 ピンプリット 販売会社 資生堂 分類 第2類医薬品 価格 950円 販売店舗 マツモトキヨシ ニキビ有効成分 イオウ・レゾルシン・グリチルレチン酸 効果のあるニキビ 白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ 肌質 脂性肌・敏感肌・乾燥肌 肌を乾燥させるイオウが入っていますが、ヒアルロン酸ナトリウムも配合されているので 使用後の肌の乾燥をカバーすることができます。 皮脂の吸収と、炎症を抑える働きがあるので 白・黒・赤ニキビのケアにおすすめです。 また 無香料・弱酸性でお肌に優しく作られているので敏感肌の方でも使いやすそうですね。 資生堂のピンプリットっていうにきび治療薬が効果高めでずっと愛用してる。 できた後よりもできる前兆のときに塗って予防するかんじ。 「白ニキビや黒ニキビがなんだか悪化しそうだな・・・」というときに使いたい商品ですね。 ビフナイト 販売会社 小林製薬 分類 第3類医薬品 価格 842円 販売店舗 マツモトキヨシ ニキビ有効成分 イオウ・イソプロピルメチルフェノール・グリチルレチン酸 効果のあるニキビ 白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ 肌質 脂性肌 寝る前に塗ることで寝ている間にニキビをケアすることができます。 皮脂の吸収と、炎症を抑える働きがあるので 白・黒・赤ニキビのケアに効果的です。 イオウが肌を乾燥させるので乾燥肌の方にはおすすめできません。 ビフナイトは救世主、 god!! — ひもじいお姉さん mrkw2525 塗ってから寝ると朝にニキビがよくなっているという声が多くみられました。 脂性肌でニキビに悩んでいる方は試す価値アリと言えそうです。 アンナザルベエース 販売会社 エスエス製薬 分類 第2類医薬品 価格 1058円 販売店舗 マツモトキヨシ ニキビ有効成分 イオウ・レゾルシン・グリチルレチン酸 効果のあるニキビ 白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ 肌質 脂性肌 オイルフリーでサラッとした塗り心地のクリームです。 ピンプリットやビフナイトと同じく、皮脂の吸収と炎症を抑える働きがあるので 白・黒・赤ニキビのケアにおすすめです。 肌が乾燥しやすくなるので乾燥肌のニキビケアにはおすすめできません。 乳液はいつもの半分ね! — なかぢまゆうこ yucorin0831 ニキビにしっかりと効果を発揮してくれるようですが、口コミを見ているとやはり使用後の乾燥が気になる方が多いようです。 使用後の肌の保湿は忘れず行うようにしましょう。 市販薬は炎症の起きたニキビのケアに効果あり 一般的にニキビに効くとされている市販薬は、できてしまったニキビを早く治す効果があります。 そのため、アクネ菌が増えることが原因でできた 赤や黄などの炎症ニキビを治すために使うのがおすすめと言えます。 しかし、基本的にできているニキビを治すためだけに作られているため 予防効果はなく、ニキビの炎症が治まれば市販薬の役目はそこまでです。 ニキビのくりかえしを予防するためには、市販薬とは別のスキンケア商品でしっかりと肌を健康な状態にしておく必要があります。 ニキビの市販薬のデメリットを知っておこう• 配合成分の刺激が強い• 添加物が入っている ニキビの市販薬には2つのデメリットがあります。 配合されている成分によってはニキビの悪化につながってしまう可能性もあるので、使用するときはしっかりと成分のチェックをするようにしましょう。 また副作用によって余計にニキビを悪化させないためにも、 ニキビの炎症が収まったらすぐに使用をやめることが大切です。 ニキビの市販薬の選び方や注意するべきポイントについて詳しく紹介していきます。 強い殺菌作用でニキビが逆にできやすい肌になる ニキビの市販薬はできてしまったニキビの炎症を抑えるため、肌の雑菌をやっつける成分と炎症を抑える成分が配合されています。 イオウ• イソプロピルメチルフェノール• サリチル酸• レゾルシン 以上の成分は、ニキビの市販薬によく入っている成分です。 これらの成分はニキビの原因であるアクネ菌をやっつけるのと一緒に 肌を守る良い菌までやっつけてしまうことがあります。 肌を守っていた菌がなくなることで 肌を守る力 バリア機能 が弱まり、乾燥や刺激に弱い肌になってしまうのです。 つまり、ニキビを治すための薬がニキビのできやすい肌を作ってしまうことがあるということですね。 中でもイオウは毛穴の中の皮脂を吸いとる働きがあるので、基本的に大人ニキビのケアには向いていないと言われています。 というのは、もともと皮脂の少ない乾燥肌の方がイオウを使うと 肌に必要な皮脂までがなくなり余計に肌を乾燥させる原因になるからです。 大人ニキビは主に乾燥が原因であることが多いため、乾燥を悪化させるイオウでのケアはおすすめできないということ。 一方、皮脂が原因でできる思春期ニキビのケアにはおすすめの成分と言われています。 つまり、脂性肌の方は使っても大丈夫なんですね。 イオウ配合の薬は「乾燥が気になる人はNG、皮脂が気になる人はOK」と覚えておきましょう。 炎症を抑えるためにニキビの治療薬に使われる一方、 ニキビをできやすくする原因にもなるからです。 というのも、ステロイドは 免疫力を下げる働きがあるのでアトピー性皮膚炎や喘息の治療によく使われています。 免疫力を下げて大丈夫なの?と心配になりますが、これらの病気は免疫力が高すぎることで起こってしまうアレルギー反応。 そのため、免疫力を通常レベルに下げてアレルギーを起こしにくくするためにステロイドが効果的なのです。 しかし、アレルギーを持っていない人がステロイドを使えば、免疫力は通常よりも低くなってしまうことに注意しなければいけません。 ニキビの炎症を起こすのはアクネ菌ですよね。 免疫力が低下すればアクネ菌をやっつけることができなくなります。 つまり、ステロイドを使うことで アクネ菌に勝てなくなりニキビのできやすい弱い肌になってしまうということ。 もともとニキビができやすくて困っている方は、ステロイド配合の薬はできるだけ使用をさけるか、使用するとしても1~3日間など短期間に抑える必要があります。 市販のニキビ薬には、ステロイドと同様の副作用をもたらすグリチルレチン酸ステアリルやヒドロコルチゾンなどの成分が使用されているものがありますので、成分をよくチェックしてから購入するようにしましょう。 自分で1つ1つ成分を調べるのはめんどくさいと思うので、薬局にいる薬剤師の方にステロイド成分の有無を聞いてから購入するのが1番手っ取り早い方法です。 添加物にも注意しよう• バラペン• アルコール• タルク などなど添加物は、成分のきつい匂いを消したり、商品をできるだけ長く使えるようにするために配合されています。 しかし、使用感がよくなる・成分が安定するといっても、添加物は 肌のバリア機能を破壊したり、ホルモンバランスを崩したりと肌や体に悪影響をもたらす危険性があることを忘れてはいけません。 私たちの体は、肝臓や腎臓のはたらきによって有害なものを外に排出できるようになっています。 そのため、食品に含まれている添加物はほとんどを排出することができます。 一方、化粧品や塗り薬などに入っている添加物は皮膚につけるものなので体内で解毒することができません。 皮膚につけた添加物はほとんどがそのまま体内に入り込んでしまうということです。 お肌のためにと使っている商品が、知らないうちに肌や体の細胞を壊していると考えると恐ろしいですね。 肌や体の健康のためにも、できるだけ 添加物の数が少ない商品を選ぶように心がけましょう。 使用後はスキンケアでしっかり保湿しよう ニキビ市販薬を使ってニキビのケアをするときは、使用後にしっかりとスキンケアをしてあげましょう。 そこで大切なのが「 保湿」です。 上述しましたが、市販薬を使用した後の肌はバリア機能が低下しているため、しっかりと保湿してバリア機能の回復をサポートしてあげなければなりません。 しっかりと保湿するためには、 化粧水でうるおいを毛穴の奥深くまで届けてあげることがポイントです。 ゴルフカップにサッカーボールが入らないように、毛穴はとっても小さいので、成分のサイズが小さいものを使わなければ毛穴の奥まではうるおいは届きません。 また、乾燥は皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりを引き起こしますが、保湿をしっかりすることで予防することができます。 ニキビ自体をケアすることも大切ですが、 スキンケアでニキビのできにくい強い肌を作ることが1番大切です。 当サイトではスキンケアと同時にニキビのケアと予防ができる商品を扱っています。 市販薬に比べ、肌に優しい成分でできている点や無添加で安全な商品が多いのでぜひニキビケア選びの参考にしてみてくださいね。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の

【赤ニキビの市販薬】テラ・コートリルを皮膚科医がわかりやすく解説

白ニキビ 薬 市販

Contents• 大人ニキビのタイプによって市販薬を選ぶ 大人ニキビを治すための市販薬は、ニキビのタイプによって商品を選びましょう。 と言うのも、大人ニキビのタイプによっては、いくらランキング上位の市販薬であっても、効果が現れない事があるからです。 市販薬を購入する際は、事前に自分の大人ニキビがどのタイプかを確認する様にしましょう。 下記では、大人ニキビを治す市販薬の選び方をご紹介します。 ただし、他に服用している薬がある方や皮膚疾患がある方は、市販薬の使用を医師に相談してからにしましょう。 炎症を起こした大人ニキビ 大人ニキビが赤く腫れている、膿が溜まっているという時には、抗炎症作用がある市販薬を選びましょう。 抗炎症作用がある成分は、ステロイド系と非ステロイド系の大きく2つに分ける事が出来ます。 それぞれの特徴をまとめると、以下のような違いがあります。 口コミのランキング部分だけを鵜呑みにして飛びつくのは、少々危険と言えます。 なぜなら、薬局で買えるニキビ用の市販薬には、いくつかの注意点があるからです。 大人ニキビを治す市販薬は配合成分の刺激が強かったり、添加物が入っています。 配合されている成分によっては、大人ニキビの悪化に繋がる可能性があるので、気を付けましょう。 下記では、大人ニキビを治す市販薬の注意点をご紹介します。 市販薬のステロイドには注意しよう ステロイドは抗炎症作用があるため、大人ニキビには非常に良い成分です。 しかし、使用する際には注意点があります。 それは、ステロイドが配合された市販薬は長期間の使用を行わない事です。 実は、ステロイドには抗炎症作用の他に、免疫抑制作用と呼ばれるものがあります。 これが、大人ニキビ悪化の原因に繋がる可能性があるのです。 ステロイドを使うと、免疫抑制作用により、体やお肌の免疫力が通常よりも低くなってしまいます。 免疫力が低くなってしまうと、大人ニキビの原因であるアクネ菌にお肌が負けやすくなるのです。 ステロイドの長期使用は、大人ニキビの悪化や増殖を許してしまう可能性が十分に考えられます。 もともと大人ニキビが出来やすい肌質の方は、ステロイドが配合された市販薬を極力避けた方が良いでしょう。 もしくは、1~3日程の短期間の使用に抑えるなどの工夫が必要です。 市販薬の添加物にも注意しよう 敏感肌の方やアレルギー体質の方は、市販薬に含まれる添加物に気を付けましょう。 市販のニキビ薬は、成分独自の嫌な臭いを消したり、長期間の保存が出来るように添加物が配合されています。 化粧品や塗り薬に含まれる添加物はお肌に直接付けるものなので、毒素を排出する事が出来ません。 これが長期間溜まる事で、大人ニキビの発生や炎症悪化の原因に繋がるのです。 炎症した大人ニキビには、塗り薬タイプの市販薬を使う事が効果的です。 しかし、初期のニキビや大人ニキビの予防は、塗り薬では出来ません。 この場合は、飲み薬タイプの市販薬を飲むと良いでしょう。 そこで、ここからは、大人ニキビに効く飲み薬をランキングでご紹介します。 チョコラBBプラス 飲み薬ランキング1位のチョコラBBプラスは、大人ニキビや肌荒れ、口内炎の緩和に有効な市販薬です。 テレビCMも流れているので、名前を知っている方は多いと思います。 バランス良く配合されたビタミンが皮脂の分泌を抑制し、大人ニキビを防ぎます。 また、ビタミンがターンオーバーを促進させるので、ニキビ跡の改善にも期待が出来ます。 チョコラBBは大人ニキビ以外にも、お肌のトラブルや疲れた体のケアに最適です。 毎日飲み続ける方は大容量の物を買うと、価格が割安になるので良いでしょう。 市販薬で大人ニキビが治らない場合は、病院へ行きましょう。 病院で処方される薬と市販薬では、成分と効果が大きく違います。 皮膚科で処方される薬は強い成分が含まれているため、効果が非常に高いのです。 ただし、副作用もあるので注意をしなければなりません。 妊娠中の方や、既に何かの薬を服用している方は、必ず医師に申告をしましょう。 皮膚科で処方される薬は、以下のものが挙げられます。 ディフェリンゲル ディフェリンゲルは、「アダパレン」という成分を含んだニキビ治療薬です。 ピーリング作用が毛穴詰まりを取り除き、大人ニキビを防ぎます。 また、抗炎症作用もあるので、白ニキビから初期の赤ニキビの改善に効果があります。 ディフェリンゲルは、大人ニキビの治療と予防を兼ね備えていますが、毛穴を小さくする事は出来ません。 また、重度の大人ニキビに使用しても、あまり効果は無いので気を付けましょう。 ディフェリンゲルの使用で起こる副作用は、皮膚の赤み、刺激、乾燥、痒みなどが挙げられます。 使用した方の50~60%の方が上記の副作用が出たと報告があるので、気になる方は皮膚科の医師に相談をしましょう。 ダラシンtゲル ダラシンtゲルは、「クリマダイシン」という成分を含んだ抗生物質の治療薬です。 大人ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を防ぐ効果があります。 また、強い殺菌作用があるので、炎症を起こた大人ニキビの治療に良く使われています。 しかし、白ニキビや黒ニキビの治療にダラシンtゲルを使っても効果はありません。 また、ダラシンtゲルの長期使用は耐性菌が生まれ、だんだん薬が効かなくなるので気を付けましょう。 ダラシンtゲルの使用で起こる副作用は、痒み、かぶれ、刺激感などが挙げられます。 既に何かの薬を服用している方などは、処方が出来ない場合があります。 病院に行った際は、皮膚科の医師に相談をしましょう。 ミノマイシン ミノマイシンは、「テトラサイクリン系」の抗生物質を含んだ内服薬です。 アクネ菌の増殖に必要なタンパク質の合成を阻害する事で、自然に大人ニキビの炎症を鎮めます。 ミノマイシンには殺菌作用が無いので、大人ニキビの改善には日にちが掛かるでしょう。 このため、ダラシンtゲルなどの外用薬と合わせて処方される事があります。 また、ミノマイシンも抗生物質のため、長期使用は耐性菌が生まれ、薬が効きにくくなります。 大人ニキビが治った時は、服用を止めましょう。 ミノマイシンの服用で起こる副作用は、腹痛、下痢、めまい、頭痛などが挙げられます。 また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品と飲み合わせをしない様に、医師からの指導が入る場合があります。 ルリッド ルリッドは、「ロキシスロマイシン」という抗生物質を含んだ内服薬です。 アクネ菌の増殖を抑え、大人ニキビの発症を防ぎます。 また、アクネ菌が生み出す炎症物質の生成を抑える事で、大人ニキビの炎症を鎮めます。 このため、炎症を起こした大人ニキビの改善にとても有効です。 ルリッドは、ごく稀に胃のむかつき、下痢、食欲不振などの副作用が起こると報告されています。 副作用が比較的少なく、大人ニキビの改善にとても有効的なルリッドですが、多くの薬と飲み合わせが出来ないというデメリットがあります。 特に片頭痛や喘息などの薬を服用している方は、大変危険な副作用が起こる可能性があるのです。 皮膚科を受診する際は、お薬手帳を持って行くと良いでしょう。 漢方薬 皮膚科などの病院では、漢方薬を使って大人ニキビを治療する事があります。 市販薬として売られている漢方薬よりも、病院で処方される物の方が効果が高く、オススメです。 しかし、大人ニキビに対して即効性は無いので、じっくりとニキビ体質を治す薬と覚えておきましょう。 大人ニキビに良いとされる漢方薬は、以下の種類が挙げられます。 大人ニキビが出来た時、すぐに買えて便利な市販薬。 ですが、生活習慣が乱れていては、大人ニキビは何度でも出来てしまうものです。 仕事や育児などで忙しいとは思いますが、生活習慣を見直してみましょう。 下記では、今日から出来る大人ニキビの治し方をご紹介します。 自分に無理のない事から始めて、大人ニキビを治しましょう。 食生活を見直そう 糖質や脂質ばかりの食生活が続いてしまうと、大人ニキビは繰り返し出来てしまいます。 かと言って、野菜ばかりの食事は、お肌のツヤやハリが失われてしまう原因です。 主食、副菜、主菜を中心に、栄養バランスが整った食事を摂る様に心がけましょう。 特に、日本人はマグネシウムやビタミンが不足しがちと言われています。 野菜や魚介類、豆類を意識して摂取するように心がけましょう。 仕事や生活が忙しいと、毎食栄養バランスが整った食事を摂る事は難しいと思います。 「最近、食生活が偏っているかも?」と思った時は、3日程の間で調整すれば問題ありません。 今回ランキングでご紹介した飲み薬市販薬は、ビタミンを多く配合しているのでオススメです。 食生活を見直して、体の中から大人ニキビを改善しましょう。 睡眠を見直そう 睡眠不足や浅い眠りが続くと、肌荒れや大人ニキビが出来る原因になります。 これは、睡眠時に分泌される成長ホルモンが大きく関係しているのです。 成長ホルモンは深い眠りの時に多く分泌され、お肌や体のダメージを修復する役割があります。 しかし、睡眠時間が少なかったり眠りが浅いと、成長ホルモンが充分に分泌されません。 このため、肌荒れや大人ニキビが出来やすい肌質になってしまうのです。 少しでも深い睡眠をとるために、以下の事を心がけてみましょう。 大人ニキビに効く市販薬には、多くの種類があります。 炎症を抑える場合は塗り薬、ニキビ跡や予防には飲み薬タイプの市販薬がオススメです。 大人ニキビのタイプをしっかり確認して、自分に合った市販薬を選びましょう。 しかし、ニキビ用の市販薬を使っても大人ニキビが治らない場合は、無理をせずに病院を受診して下さい。 大人ニキビを繰り返さないためには、生活習慣を見直す事も大切です。 栄養バランスの整った食事や、質の良い睡眠をとる様に心がけましょう。 スキンケアは、大人ニキビ用の商品を使う事がオススメです。 ランキングでご紹介した市販薬と併せて使えば、大人ニキビは早く治るでしょう。 大人ニキビ用のスキンケア用品は、トライアルセットで気軽に試す事が出来ます。 一度お肌に合うか、使ってみると良いでしょう。

次の